wism 株式会社ムトウ

コンプライアンス

厳守と社会良識の尊重

私たちムトウグループは、コンプライアンスを、「法令遵守と社会良識の尊重」と定義し、あらゆる企業活動の基盤となるものと位置づけて、グループを挙げて推進に取り組んでおります。

本方針

コンプライアンス推進の基本方針として「ムトウグループコンプライアンス基本方針」を策定するとともに、役員、社員、パートタイマー等グループ内のすべての従業者個々人が、日々の職務を遂行する際に「基本方針」に沿った行動をするために従業者個々人に向けた「ムトウグループ行動指針(以下「行動指針」)」を定めております。

進体制

本社内に副社長を委員長とし、グループ会社の役員や社員を含めたグループ内のメンバーで構成される「コンプライアンス委員会」を設置し、コンプライアンスに関する方針や施策を策定しています。委員会の事務局は法務部です。
さらに、グループ内の全拠点に「コンプライアンスリーダー」を置き、コンプライアンスの第一線への浸透を図っています。

ムトウグループの
コンプライアンス推進体制

取締役会

コンプライアンス委員会

事務局法務部

コンプライアンスリーダー
(グループ内全拠点)

進施策

「行動指針」を、パートタイマーを含むグループ内の全従業者に配付し手元において常時確認できるようにするとともに、各拠点におけるコンプライアンスリーダーによる日常的な管理指導のほか、各種階層への研修にコンプライアンスを取り入れ社内への浸透を図っています。また、社内検査に織り込んで第一線での実 施状況を検査する体制も作っております。

ンプライアンスホットライン

「行動指針」で、グループ内の全従業者に、法令違反や「行動指針」への違反など不正行為を見たないし関与したら必ず報告することを義務付けていますが、この受け皿として、直属の上司や拠点のコンプライアンスリーダーとは別に、法務部にコンプライアンスホットラインを設けています。コンプライアンスホットラインは不正行為の通報だけではなく、グループ内のコンプライアンスの相談窓口でもあります。更に、通報者の保護のために公益通報者保護法のガイドラインに 則った通報情報処理の内部規定を設け、社内に周知しております。これにより通報を促し不正を見逃さない風通しの良い職場を作ります。
なお、コンプライアンスホットラインは外部にも公開し、外部からの情報提供も受け付けております。

ムトウグループのコンプライアンス基本方針

ムトウグループは、お客様や社会の皆様から信頼され、なかで働く私たち全員が誇りをもてる誠実な企業となることを目指し、法令を順守し社会の良識に従った公正透明な企業活動を行います。
これを具体化するため以下のコンプライアンス基本方針を定め、グループを挙げて実行します。

1.目的
法令を順守し社会の良識に従った公正かつ透明な企業活動を行い、お客さまや社会の信頼が得られる誠実な企業を目指します。

2.品質確保
薬事法など各種法令等に基づく適正な品質管理を行い取扱製品の有効性安全性を確保します。

3.営業活動
各種業法、独占禁止法、国家公務員倫理法、公正競争規約、その他の法令および業界の自主ルールを順守します。

4.情報管理
企業活動を通じて得られたお客様に関連する情報など機密情報や個人情報は定められた規則に 基づき厳正に管理します。

5.人権尊重
人権を尊重し、社会的な身分、宗教、信条、民族、年齢、心身の障害、性別等による不当な 差別は行いません。

6.職場環境
地位の上下にかかわらず互いの人格、個性を尊重し自由に物が言える、創造的で風通しの良い 職場を作ります。
不正を起こさず、不正を見逃さない職場を作るため、不正事実を報告した社員等や事実調査に 協力した社員等にそのことを理由に不利な取り扱いはしません。

7.反社会勢力との決別
反社会的勢力およびその関係先には毅然とした態度で臨み、一切の取引に応じません。

8.トラブルへの対応
トラブルや紛争には、法令を順守し社会の良識に従い、公正透明に対応します。

以上

医療機関等との関係の透明性に関する指針

1.指針策定
ムトウグループ(以下、当社)では、医学・医療工学をはじめとするライフサイエンスの発展に寄与するために行っている当社の活動が、高い倫理性を担保した上で実施されていることを広くご理解いただくことを目的として、日本医療機器産業連合会(以下、医機連)が定める「医療機関等との透明性ガイドライン」に基づき、「医療機関等との関係の透明性に関する指針」を策定いたしました。今後、研究機関や医療機関・医療関係者等への資金提供に関しましては、この指針に沿って公開することといたします。

2.公開方法
当社ウェブサイト(http://www.wism-mutoh.co.jp/)で公開いたします。

3.公開時期
毎年、前年度分を当該年度の決算終了後に1年間公開いたします。

4.公開対象と概要
A.研究費・開発費等
公的規制のもとで実施される各種試験、報告、調査等(臨床試験、治験、製造販売後臨床試験、不具合・感染症症例報告、製造販売後調査等)及び企業が独自に行う調査等の費用が含まれます。
共同研究費 年間の総額
委託研究費 年間の総額

B.学術研究助成費
医療技術の学術振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、および学会等の会合開催を支援するための学会寄附金、学会共催費等が含まれます。
奨学寄附金 ○○大学○○教室:○○件○○円
学会寄附金 第○回○○学会(○○地方会・○○研究会):○○円

C.原稿執筆料等
当社医療機器の適正使用等に関する情報提供のための講演や原稿執筆、コンサルティング等の業務委託に関する費用が含まれます。
講師謝金 ○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円
コンサルティング等業務委託費 ○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円

D.情報提供関連費
医療関係者に対する当社医療機器の適正使用、安全使用の為に必要な講演会、模擬実技指導、説明会等の費用が含まれます。
講演会費 年間の件数・総額
説明会費 年間の件数・総額

E.その他の費用
社会的儀礼としての接遇等の費用が含まれます。
接遇等費用 年間の総額

以上

コンプライアンスホットライン

ムトウグループに関する法令や企業倫理違反事例の通報や相談は 下記までお願いします

03-3874-7237

compliance@ni.wism-mutoh.co.jp